fbpx

アチーブイングリッシュメソッド

achieve-english-method

アチーブイングリッシュメソッド

アチーブイングリッシュキャンプでは「アチーブイングリッシュメソッド」と呼ばれるオリジナルの指導法を使用しています。
アチーブイングリッシュメソッドは、ビルドアップ、発音、ボキャブラリー、即答練習、1分間スピーチ、ディベート、読解・要約の7つの柱から構成されており、バランスよく英語の4技能(Listening/Reading/Writing/Speaking)を伸ばすことを目的としています。

人間は言語習得の際に、まずお母さんやお父さんが話す言葉を「聞いて」覚えます。次にその聞いた音を基に少しずつ「話す」ことを覚えます。次のステップとして幼稚園や小学校で「読み」「書き」を勉強していきます。
つまり、人間が言語を習得する際のステップはその言語を「聞く」「話す」「読む」「書く」という順番が一番自然な流れとなります。
しかし、日本の英語教育の現実は、リスニングやスピーキングよりもまず初めにリーディングから始まることが多いのです。ここに「日本人は英語を話すことができない」といわれてしまう理由の一つがあります。

そこでアチーブイングリッシュキャンプでは、この言語習得法を基に作成したアチーブイングリッシュメソッドを開発しました。まず初めに苦手意識の高いリスニングやスピーキングから取り組みます。スピーキングを鍛える授業では、いきなり長い文章から始めるのではなく「ビルドアップ方式」(長文を前から徐々に単語を増やしていき、講師の後に続いてリピートする。)で自然と英語が話せるようになる方法を取り入れています。

(例) I eat + bread + rather than + rice + for breakfast
出だしの文 生徒1  生徒2     生徒3  生徒4

ライティングの技能を高めるために、アチーブイングリッシュキャンプでは生徒の皆様に、毎日英語で日記を書いていただきます。例文や便利な構文、頻出単語が丁寧に載っていますので、今まで英語で日記を書いたことがないという方でも、自分で英語の文章を書く力が身に付きます。

英語は家を建てる工程と同じように、まず土台からしっかり積み上げていくことが重要ですので、アチーブイングリッシュキャンプでは個人のレベルに合わせて、土台から完成までしっかりとサポートいたします。

<ビルドアップ>

方法:与えられた出だしの文に自分で考えた語彙を足していき、文を作成する。長文を作成し、前から徐々に単語を増やしていき、講師の後に続いてリピートする。最終的には、自分の口から長文が出るようになる。

(例) I eat + bread + rather than + rice + for breakfast
出だしの文 生徒1  生徒2     生徒3  生徒4

効果:自分で長文を組み立てる力がつく。
ゲーム感覚なので自分で文章を作る苦手意識がなくなる。

buildup

<発音>

方法:日本人の苦手とする発音を重点的に指導する。
全体で発音した後、1人ずつチェックして訂正する。

効果:正しい発音をすれば英語は通じるという自信にも繋がる。
リスニング力の向上にも効果がある。

pronunciation

<ボキャブラリー>

方法:語彙力をつけるために、決められたトピックの中でブレインストームしながら単語を出していき、その単語を使ってゲームやアクティビティを行う。

効果:分からない単語の意味や同義語、表現をゲーム感覚で楽しみながら覚えることができる。
普段使わない単語で表現ができるようになる。

english-words

<即答練習>

方法:講師の質問を日本語に訳さず、英語で即答する訓練。
正しく流暢に言えるまで繰り返す。

効果:英語脳を作る。集中して聴き入ることができるようになる。
発音矯正、発話、スピード等、スピーキング力強化。

repeating

<1分間スピーチ>

方法:いろいろなテーマについて自分で考えた英文を1間スピーチする。
表現や声の抑揚、姿勢等も指導。

効果:コミュニケーションとしてのスピーチを身に付ける。
人前で話すことで自信をつける訓練にもなる。

1minute-speech

<ディベート>

方法:レベル英語や年齢に適したテーマについて意見を言い合う。
賛成派と反対派に分かれて議論をする。

効果:自己主張が苦手な日本人が、自分の意見や主張を明確に示し、説得するスキルが身に付く。

debate

<読解・要約>

方法:レベルにあった文章を読み、記事の内容を要約する。
制限時間を設け、時間内に行う。

効果:複数の情報を制限時間の中で優先順位をつけ、的確に要約するスキルが学べる。reading-and-summary

<毎日確認テスト>

方法:毎日12:10〜12:55、18:30〜19:15の2回に分けてテストを行う。

効果:その日に学習したことが身に付いているか、また自身の苦手分野を具体的に把握することができる。

test

アチーブイングリッシュダイアリー

diary

アチーブイングリッシュキャンプでは、生徒の皆様に毎日英語で日記を書いていただきます。アチーブイングリッシュダイアリーを書いたら、翌日に講師から丁寧なフィードバックをもらうことができるので、ライティングの能力を日々効率よく強化することができます。

毎日こなしていくうちに自然と英文で日記の書き方が身に付き、自分で文章を組み立てることができるようになります。

評価方法

achievement sheet

アチーブイングリッシュキャンプでは毎日生徒の皆様に英語力の伸びを実感していただけるよう、目標設定シートの記入をお願いしております。
また、毎日担当講師から手厚く1人1人の進行状況や目標に合わせてフィードバックを得ることができます。国内でも、短期間でも英語力を伸ばす事ができる秘訣がここにあります。

お問い合わせフォーム
application
アチーブイングリッシュキャンプの6つのポイント
sidebanner-achieve engish method
コース案内
留学の流れ
よくあるご質問
PAGE TOP