《ネイティブが会話で一番良く使う英単語 ~副詞編~》

皆さんこんにちは!サポートデスクの廣瀬です^^
前回から引き続き、ネイティブが使う英単語を紹介していますが、本日は副詞を紹介します!

 

副詞は無意識のうちに使っていることが多いかと思いますが、これをマスターするとグッと英語上級者に近づきます!本日は使用頻度が高い、「up」と「just」の使い方を紹介いたします♪

 

study adverb

up

upは「上へ」「上がって」というイメージです。動詞とともに使い、go upやcome upは「上がる」、climb upは「登る」です。get upは「起きる」ですが、本来ベッドから立ち上がる発想です。また、upは「出現する」という意味でもあります。例えばShe didn’t show up.と言えば、「彼女は来なかった」という意味です。

 

①上がって Please go up to the 4th floor.(4階まで上がってください。)

 

②拾って I’ll pick you up at 1 pm.(1時に迎えに行きます。)

 

③元気づかせて Cheer up!(元気出して!)

 

④埋め合わせ I really want to make it up to you.(本当にその埋め合わせをしたいです。)

 

just

justは「ちょうど」「まさに」「実に」などたくさんの日本語にあてはまりますが、全て「言葉を強調する」役目があります。例えば、「間に合った」はin timeですが、just in timeと言うと、「ちょうど間に合った」となります。

 

①ちょうど Just right.(ちょうどいいです。)

 

②ほんの~だけ please give me just a little more time.(あともう少しだけ時間をください。)
③たった今 I’ve just finished eating lunch.(たった今、お昼ご飯を食べ終わりました。)

 

④実に You’re doing just fine.(実に上手にやれているよ。)

 

upとjustだけでもたくさん応用がききますね!副詞をマスターして一歩上の英語力を目指しましょう!

 

7月の4連休は入学金、施設使用料、教材費の約2万5千円分が全て無料になった特別コースを開講していますので、この機会にぜひ親子留学してみてはいかがでしょうか?

 

定員が埋まり次第終了になりますので、お早めにお問い合わせください!

 

それではまた次回!

business sp

 

contact banner

お問い合わせフォーム
application
アチーブイングリッシュキャンプの6つのポイント
sidebanner-achieve engish method
コース案内
留学の流れ
よくあるご質問
PAGE TOP