《ネイティブが会話で一番良く使う英単語 ~名詞編~》

皆さんこんにちは!サポートデスクの廣瀬です^^
前回から引き続き、ネイティブが使う英単語を紹介していますが、本日は名詞を紹介します!

 

今回が最終回になりますので、頑張って覚えてくださいね!
study-noun

thing

thingは「事」「物」というイメージでとらえます。また、You stupid thing.(おバカさんね)や、Poor thing(かわいそう)のように、日常会話の中では「人」という意味でも使われます。

 

①朝一番 First thing in the morning.(朝一でやります。)

 

②お気の毒 Poor thing.(かわいそうに。)

 

③大事なこと Here is the thing.(つまり、こういうことなんですよ。)

 

④問題 The thing is she’s not interested in it.(問題は、彼女はそれに興味がないということです。)

 

line-pencil

way

wayは「道」が基本のイメージです。way outは「外への道」つまり、「出口」という意味になります。また、何かを達成する道というイメージで、「方法」「やり方」という意味もあります。This way is better.は「この方法がいい」という意味になります。

 

①途中 I’m on my way.(すぐに行きます。)

 

②まだまだ I still have a long way to go.(まだまだこれからです。)

 

③方法 I like the way she talks.(彼女の話し方が好きです。)

 

④何とか I’ll finish my work one way or another.(何とかして仕事を終わらせます。)
line-pencil
どうでしたか?普段の会話の中で頻出単語を紹介しましたので、是非実際の場面で使ってみてください!

 

7月の4連休は入学金、施設使用料、教材費の約2万5千円分が全て無料になった特別コースを開講していますので、この機会にぜひ親子留学してみてはいかがでしょうか?

 

定員が埋まり次第終了になりますので、お早めにお問い合わせください!

 

それではまた次回!

business sp

 

contact banner

お問い合わせフォーム
application
アチーブイングリッシュキャンプの6つのポイント
sidebanner-achieve engish method
コース案内
留学の流れ
よくあるご質問
PAGE TOP