《英語学習で大切なのはStudyよりもPractice! Part③》

皆さんこんにちは!サポートデスクの廣瀬です^^

日本人は英語を長い期間勉強するにもかかわらず、実際に話せない!という人が多いのではないでしょうか。原因はいくつか考えられますが、やはり学校で教える英語が受験のためだけの単語、文法の受動的な学習(study)に偏ってしまっていることが大きな原因の1つです。

外国語を上達させるためには、学習も大事ですがやはりアウトプット(practice)が重要になります💡

本日は実際の英会話の場面で使える、実践的なフレーズをいくつかご紹介いたしますので、実際に声に出して、使ってみてください!

本日はパート③ですので、前回よりも少し難易度を上げていきます!

english-convesation

Why don’t you~?(~するのはどう?)

「Why don’t you + 動詞?」は「~するのはどう?」と軽く提案するときによく使う表現です。「(私たち)~しましょうか?」は「Why don’t we + 動詞」と言います。

・Why don’t you take this train?(電車で行ったらどう?)

・Why don’t you try it?(やってみればどう?)

・Why don’t you call him?(彼に電話すればいいじゃん。)

・Why don’t you buy both?(両方買えば?)

hishigata_line

I/it was supposed to~(~するつもりだった)

「主語 + was supposed to + 動詞」は「~のはずだったのに」という意味が基本です。「残念」とか「予想外」の気持ちを込めて使いましょう。

・It was supposed to rain today.(今日は雨が降るって言ってたのに。)

・I was supposed to get an earlier train.(もっと早い電車に乗るつもりだったんだけど。)

・It was supposed to be cold today.(今日は寒くなるっていってたけど。)

・I was supposed to buy only one.(一つだけ買うつもりだったんだけど。)

hishigata_line

What’s wrong with~?(~はどうしたの?)

What’s wrong with~?は物に対しても人に対しても使えます。

・What’s wrong with your speakers?(君のスピーカー壊れているの?)

・What’s wrong with her?(彼女に何かあったの?)

・What’s wrong with everybody?(みんなどうしたの?)

・What’s wrong with your car?(あなたの車、壊れているの?)

 

☆Extra☆ 怪我をしてる人に対してはWhat happened to~? を使います。

・What happened to your eye?(目をどうしたの?)
・What happened to your hand?(手をどうしたの?)

 

どうでしたか?実際の場面で使える、便利フレーズを紹介いたしました。こちらを何回も練習して、「会話力」を身に付けましょう!

8月は入学金、施設使用料、教材費の約2万5千円分が全て無料になった特別コースを開講していますので、この機会にぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

 

定員が埋まり次第終了になりますので、お早めにお問い合わせください!
それではまた次回!

summer small

 

contact banner

 

 

お問い合わせフォーム
application
アチーブイングリッシュキャンプの6つのポイント
sidebanner-achieve engish method
コース案内
留学の流れ
よくあるご質問
PAGE TOP